サロンで働くために必要なこととは?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

2saron.jpg美容目的の施術を行っているエステサロンの中には、

看護師を採用したい。

と思っているところが増えてきています。



エステサロンの場合、

美肌ケアや脱毛といったものを「美容」を目的として施術を行います。



一方、メディカルエステサロンでは、

医療的な根拠に基づいて、

医療行為に該当するような施術というものも行うことが出来るようになっています。



このようなメディカルエステサロンの場合、

医師の診察介助を行ったり、

レーザー治療における照射や脂肪吸引の施術補助などを行います。



このエステサロンとメディカルエステサロンの違いは、

医師がいるかどうかということになりますし、

それによって行われる施術自体も変わってきますよね。



看護師も、看護師としての資格を有効的に使えるのか、

エステシャンとして働くことになるのか という違いも出てきます。



メディカルエステサロンはいわゆるクリニックに比べても、

顧客への勧誘活動や営業行為、

それに販売行為などをより積極的に行うことが求められることが多くなります。

それぞれに売上ノルマなどが設定されることもあるようですよ。



これはエステサロンでも同じことがいえますよね。

そのため、いわゆる「サロン」と呼ばれているとことでは、

採用基準に家業活動などに抵抗感がないのかということもあります。



それだけではなく、年齢や容姿といったものも、

実は重要視されることもあります。



美意識が高い人でなければなかなか勤務が難しいですよね。

美意識が高いという人は、

それなりに自分を美しくして言う事にも興味がありますよね。