エステの看護師の求人を紹介!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
エステの求人を探すなら、ハローワークや雑誌よりも「転職サイトに登録をして求人を紹介してもらう方が 条件の良い求人が見つかりやすい」というのが最近の傾向です。


なぜなら、エステの良い求人は一般には非公開とされていて、転職サイトだけで人数限定で募集されている事が多いからです。


そのため、エステの求人を探す看護師の多くが転職サイトに登録をして、良い転職先を探しています。


尚、こちらではエステの条件の良い求人を探している人に人気の転職サイトランキングを紹介します。
1-300.gif
全国のいい看護師求人が集まる人気の転職サイトです。「エステで働きたい!」「エステの良い求人を見つけたい」などの希望に応えてくれます。 エステの条件のいい求人を探すなら、まずこちらで無料登録をして紹介してもらう人が多いですね。
→ エステの求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ 登録料・紹介料もすべて無料です

第2位 ナースではたらこ
4-300.gif
ハローワークや新聞チラシなどでは公開されない 「エステの非公開求人」 が揃っています。

エステの求人の中でも特に「残業が少ない」「休みが多い」「給料が高い」そんな条件の良い求人を見つけたい人は、ナース人材バンクと合わせてこちらにも登録される人が多いです。


→ エステの求人の紹介はこちら(無料)

※登録料・紹介料など すべて無料です

第3位 ナースフル
5-300.jpg


実績ある安心のブランド・リクルートが運営する看護師転職サイトです。担当の優しいコンサルタントの方が親切に応対してくれます。

サポートが充実しているので、初めて転職サイトに登録してエステの求人を探したい人でも安心ですよ。


→ エステ求人の無料紹介はこちら

※登録フォームに入力するだけ 登録料・紹介料もすべて無料です

■ 2つの転職サイトに登録するのがオススメ


むしろ、1つの転職サイトで紹介してもらえる求人数は限られているので、 2つ以上登録しておくと エステの条件の良い求人が見つかる可能性が高くなります


たとえば、「1位の転職サイトではエステの求人は3つしか紹介してもらえなかったけど、 2位のサイトに登録したら、さらに4つ紹介してもらえた!」 なんてラッキーなことがあるのです。


その場合、合計7つの良い求人の中から1番いいところを選ぶことができるというわけです。



→ 1番おすすめの転職サイトを見る



看護師の中には、美容に関する意識が高く、興味関心が強い方も居ますよね。美容系のクリニックなどに勤務していたという看護師の場合、セカンドキャリアとして、看護師ではなくエステティシャンとして働きたいと考える人も多いんですね。実は、美容系クリニックからエステティシャンに転職する看護師というのは、以外と多いんです。 エステ業界は医師が居る医療現場ではありませんので、医療行為を行うことはありません。ですが、肌トラブルなど、看護師が持つ知識を必要とする利用者の方も多いという特徴があります。また、美容系のクリニックでは、エステティシャンとしての技術を持つ看護師も多いんですよ。エステ店では、何かの際に知識があり、対応できる有資格者である看護師を採用したいと考えるところは多くあります。

看護師としての資格をフル活用したいという場合であれば、エステよりも美容系クリニックの方が向いています。クリニックとエステでは様々な違いがあり、まず大きなな違いとして、エステには医師が居ないという事が挙げられます。そのため、医師との人間関係が面倒だと感じる看護師にはおすすめですよ。仕事の面で考えると、どちらも土日・祝日でも仕事となりますし、勤務も遅い時間帯まであります。 その点には違いは特にありません。積極的に利用者の方に施術を行って、美容に関する知識をより吸収したいという看護師の場合、エステの方が向いていることもあるんですね。美容系クリニックでは、患者さんによっては入院が必要となりますので、夜勤があることもあります。ですが、エステには夜勤が無いというメリットがあります。
有資格者である看護師の職場として、美を追求する美容系クリニックはとても人気ですよね。最近ではエステ業界で勤務する看護師も増えているんですよ。実際に求人数も増えています。メディカルエステと呼ばれている美容クリニックでも、特にエステに特化しているようなところであれば、看護師が積極的に美容施術に携わる事もあります。 ただ、クリニックではないサロンの場合、看護師であっても様々な仕事を任される可能性もありますよ。例えば、受付や事務作業、施術に使用する器具類のメンテナンス、施設内の清掃などがあります。

サロンとしての要素が強い職場である場合には、顧客に対して行う勧誘や営業行為、化粧品の販売などについて、ある一定のノルマがあるという職場が多くなります。看護師によっては、この「ノルマ」に抵抗があるという人も居ますよ。逆に、ノルマを達成すれば報酬が上がりますので、モチベーションを維持できるという看護師も居ます。 また、サロン的要素の強いところは、求人に際し、看護師の年齢や容姿を重視するという傾向もあるんですね。ですので、採用基準はやや厳しいというところもあるんです。ただ、看護師という有資格者が居ることは、サロンにとってはプラスになることです。利用者の方に安心感をもってもらうことが出来ますよね。美意識が高い看護師ならば、やりがいを感じつつ仕事が出来そうです。


実は、エステサロンには、いくつかの種類があるんです。美容に特化していて、エステティシャンが施術を行うようないわゆるエステサロンと、医師が監修をしていて看護師などが配置されているメディカルエステがあります。看護師が勤務する職場としては、もちろんエステサロンの求人もあるのですが、メディカルエステではより看護師資格を有利に活かすことができるんですよ。 そのため、美意識が高い看護師の間で、人気が出てきているサロンとなっています。メディカルエステは施術メニュー自体を、医師が医学的根拠に基づき監修しているんですね。アフターケアなどを、提携する医療機関で受ける事が出来たりするんです。医師が居て、医療機器を使用した施術が可能というところもとても多くなっていますよ。

通常のエステサロンは、トリートメントと呼ばれる美的なお手入れや、リラクゼーションをプラスした施術などが行われます。医学的な観点ではありませんので、医療器具を使用した施術は行えません。一方で、メディカルエステでは、ケミカルピーリング・ボトックス・イオン導入・フォトフェイシャルといったような、医療技術や医療機器を使用したケアができるというメリットがあるんですね。 そのため、安心感としては、メディカルエステの方が高くなります。また、安全性も高いですし、トラブルなどが発生しづらいという特徴がありますよ。医療行為ではあるのですが、治療ではありませんので、健康保険は適用されません。そのため、少し高めの料金となります。ですが、確実にコンプレックスを克服できると言われています。
最近、看護師の職場といえば、様々な場所がありますよね。医療の現場だけではなく、医薬品開発・臨床実験・介護・福祉・教育といったように、とても多岐に渡っています。その中で、エステサロンでの求人というのも増えているのはご存知ですか?医療機関が監修し、経営を行っているメディカルエステでは、看護師を積極的に採用しているという傾向があります。看護師という医療従事者を採用し、施術を行っている事が多いんですよ。 メディカルエステでは、一般的なエステサロンと比べて、医療行為に関わる処置が多くなっています。看護師は、医師の診療介助、施術介助、医療処置、そして医師のサポートなどを行っていく事が仕事となります。

看護師は医療従事者として患者さんに対応していくことが多いですよね。そうなると、どうしても看護者としての対応となりますので、時には上から目線で対応してしまうこともあります。ですが、メディカルエステでは、看護者というよりも、接客業を行う者としての対応が求められることが多いんですね。美を求めて来院される利用者の方に、施術を勧めて対応していきます。ですので、接客マナーやコミュニケーション能力などが必要とされるんですね。 メディカルエステの業界というのは、かなり高い収益率となっている不況にも強い業種であり、病院に比べても安定的な収益があります。収入面ではかなり期待できる職場となっていますよ。美意識が高い人であれば、よりやりがいを感じることが出来る職場でもあります。




エステの仕事がしたい!

→ 1番おすすめのエステ 転職サイトを見る

メディカルエステっていったい何??

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

8medexi.jpg看護師の職場といえば

一般的には医療現場ですよね。

 

でも、最近ではもっと別の場所でも看護師が働いている。

というケースがあります。

 

 

その職場の一つに、

エステサロンというものもあるんです。

 

エステサロンと言っても、

一般的なエステサロンではなく、

医師が常駐しているいわゆる「メディカルエステサロン」というところです。

 

 

ここでは医師の元で行われる

医薬品や医療機器を使用した

エステ施術が行われています。

 

一般的なエステサロンでは、

いくら効果的であっても医薬品や医療機器を使用したエステは行うことが出来ませんが、

医師や看護師がいるメディカルエステの場合には、可能になります。

 

 

より効果的にキレイになることが出来る。

ということで、今はとても人気がある形式のサロンになっているんですよ。

 

 

メディカルエステには、

病気を抱えている患者さんが来院するのではなく、

キレイになりたい、美しくなりたい。

という思いを抱えたお客様がいらっしゃいます。

 

そのため、医療というよりは接客業であり、

サービス業になります。

 

 

接客業としてのマナーやコミュニケーション能力といったものが

とても大切になってきています。

 

社会情勢的にエステサロンは

やや苦境に立たされていると言われていますが、

そのような中でメディカルエステは比較的高い利益を出している業界になっています。

 

 

中には病院に勤務している看護師に比べても、

高い収入を得ることが出来る。というケースがあるんですよ。

美容系クリニックは忙しくない!?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

7iso.jpg看護師の中には、残業が続き、

さらに夜勤が入り、連続勤務でヘトヘトになってしまった。

患者さんに逆に心配されるくらい疲れた。

 

というような経験がある人もいるのではないでしょうか?

 

 

看護師の職場ではこのような経験がある人は多いですよね。

でも、美容科の場合には、

事情が少し違います。

 

まず長時間に渡った拘束。

というのは基本的にあまりありません。

 

 

理由としては、入院設備をもつ美容系クリニックというのは少なく、

夜勤がないクリニックが多いんです。

 

診療自体も予約制で、

予約自体もかなり余裕をもって診療にあたっているというクリニックも多くあります。

 

 

精神的にも体調不良の患者さんのケアではないので、

精神的にも余裕があるケースは多くなります。

 

仕事とプライベートのワークライフバランスが

取りやすい診療科目になっているんですよ。

 

 

 

ただ、患者さんが数多く来院する季節や時期になると、

どうしても忙しくなってしまう事はあります。

 

もともと美容系クリニックに勤務する看護師は、

人数的には多くはないので、

忙しい時期には長い時間の勤務が必要になる。ということはあります。

 

そうなると残業が発生することも十分にありますよ。

ただ、残業があればそれだけ手当は出ます。

だいたい基本給の1.25倍~1.5倍くらいの金額を払ってもらうことが出来るので、

長時間勤務でも納得が出来る。という看護師が多くなっています。

 

春先や夏前、長期休暇の時期などは、

収入が増えることも多いんですよ。

美容系クリニックの残業事情とは?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

6zangyou.jpg一般的な病院やクリニックに比べて

夜勤がない。

という特徴がある美容系クリニックです。

 

残業があまりないとも言われていますが、

本当でしょうか?

 

 

入院設備を持たない美容系クリニックは多いので、

夜勤がないケースは多くなります。

 

美容外科などでは病床があるケースがあるので、

このような場合にあ入院患者がいる場合には、

夜勤があるケースはあるようですよ。

 

 

残業についてですが、

一般的な看護師が比較的残業が多いのに比べると、

美容系クリニックでは月に20~50時間程度の残業が見込まれていることが多くなります。

 

基本的にはあまり残業はないのですが、

業務内容が消化できない場合、

繁忙期でどうしても大量にお客さんが来てしまい、

残業になってしまう場合。というのがあるんですよ。

 

 

長期休暇といわれている、

ゴールデンウィークや夏休み、そして冬休みになると、

美容系クリニックは非常に混み合う時期になります。

 

短期間で美容的な治療を行いたいという人は多く、

この期間に沢山の患者さんが訪れますので、

どうしてもその対応をすることになると、

通常に比べて業務内容の消化が難しく、残業が多くなることがあります。

 

これは風邪がはやる時期に

内科や耳鼻咽喉科の患者さんが増えるのと

同じような感じですよね。

 

 

ただ、この長期休暇を除けば、

比較的スケジュール通りに働くことが出来ます。

 

時期をずらせば、自分自身が長期休暇を取ることも可能ですよ。

エステサロンとメディカルエステは何が違うの?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

5tigai.jpg一般的にエステサロンと呼ばれているところには、

医療資格を持たないエステシャンだけが在籍している「エステサロン」と、

医師や看護師と言った医療資格を持つ人が在籍している

「メディカルエステ」という二つのタイプがあります。

 

メディカルエステでは、

医師が医学的な根拠によってエステの施術を行うというもので、

施術メニューなども監修しています。

 

 

アフターケアなども医療機関で受けることが出来るエステサロンになっています。

 

そのため医薬品や医療機器を使った施術内容なども

取り入れらえていることが多くなります。

 

 

肌のトラブルなどに対しても、

医学的な見地から的確な改善方法やアドバイスなどをしてもらうことができるんです。

 

そこに勤務する看護師も、

医療従事者として診療補助などに携わることになります。

 

 

 

一般的なエステサロンというのは、

医療従事者がいないため、

医療機器や医薬品などを用いた施術は行えません。

 

代わりに、アロマテラピーやリフレクソロジーといった

リラクゼーションをプラスした施術を行うことがおおくなります。

 

 

一方で、メディカルエステは、

フルーツ酸など医薬品に分類される薬品を使ったケミカルピーリング、

医療用機器を使用したフォトフェイシャル、

ヒアルロン酸やボトックスなどを注射して注入したり、美容点滴なども行います。

 

効果も実感しやすいこれらの施術ですが、

医療従事者による施術ということによって、

安全性も高く、トラブルも起こりにくくなります。

 

 

内容としては医療技術になりますが、

健康保険は適用されませんので、

費用自体は高めになります。

ブランク 看護師

他の診療科目との違いはなに?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

4sinryou.jpg美容系クリニックは、

他の病院の診療科目とは

異なる特徴がいくつかあります。

 

1つが患者さんの来院目的です。

一般的な診療科目の場合、

身体の不調など治療するために患者さんが訪れます。

 

 

それに対して、美容系クリニックは身体自体は健康な方が訪れます。

そのため、患者さんというよりは

お客様という意識で来院をする方も多くいます。

 

患者さんから求められるのは、

看護師として看護ケアをすることではなく、

お客様として接客されること。なんです。

 

 

そのため、接客スキルを身に着け、

さらにお辞儀の仕方などかなり細かいところまで、

サービスを提供するという意識などが必要になってきます。

 

見本になるのは百貨店の

インフォメーションスタッフを意識するといいですよね。

 

 

美容系のクリニックでは一般的な病院勤務に比べると、

収入面では高くなります。

 

これは、診療報酬が、一般的な病院は健康保険適用になるものの、

美容系クリニックは自由診療といって、

診療費についても独自に決定することが出来るんです。

 

そのため、患者さんが支払うことになる費用は、

一般的な病院よりも高くなります。

 

 

これが美容系クリニックの看護師の収入が高くなる理由なんです。

 

つまり、患者さんが来てくれて、

治療を行ったり健康食品や化粧品を購入してくれなければ、

利益が上がらないために収入は低くなります。

 

 

看護師の努力によって利益が上がれば、

クリニック側はそれを評価して給料に上乗せする

歩合給などを支給してくれますよ。

美容系看護師は未経験でも大丈夫?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

3mikeiken.jpg働く職場によっては、

看護師は肉体的にも精神的にも

とてもハードな仕事になっています。

 

医療機関などでも人材不足気味の看護師ですが、

さらに福祉や美容の業界でも看護師の需要は高くなっています。

 

 

忙しい職場で働いていると、

どうしても自分自身の事というのは後回しになりがちです。

 

ストレスや睡眠不足によって、お肌が荒れてしまった。

自分自身の健康を損ねそう。

 

そんな悩みがあるという看護師におススメしたいのが、

美容系クリニックの看護師への転職です。

 

この美容系と呼ばれているクリニックでの仕事は、

経験者以外でも採用されることは多くなりますよ。

 

多くの人が未経験から始まり、

研修や実践を重ねて、仕事をしていきますよ。

 

 

美容系のクリニックに勤務をすることで、

いろいろなメリットがあります。

 

実はクリニックの治療をスタッフ価格で

体験することが出来る所も多いんです。

 

 

患者さんをキレイにしていく前に、

自分自身でその施術を試してみることもできるんですよ。

 

夜勤がないところも多く、スケジュールがある程度決まっているので、

残業がないというところも多くあります。

 

 

診療や手術も予約制になりますから、

忙しく立ち回ることも少なくなります。

 

命に係わる重篤な患者さんというのも、

美容系クリニックではいませんので、

精神的なプレッシャーも比較的感じにくいんです。

 

スタッフ同士の中が良いということも、

大きな特徴なんですよ。

サロンで働くために必要なこととは?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

2saron.jpg美容目的の施術を行っているエステサロンの中には、

看護師を採用したい。

と思っているところが増えてきています。



エステサロンの場合、

美肌ケアや脱毛といったものを「美容」を目的として施術を行います。



一方、メディカルエステサロンでは、

医療的な根拠に基づいて、

医療行為に該当するような施術というものも行うことが出来るようになっています。



このようなメディカルエステサロンの場合、

医師の診察介助を行ったり、

レーザー治療における照射や脂肪吸引の施術補助などを行います。



このエステサロンとメディカルエステサロンの違いは、

医師がいるかどうかということになりますし、

それによって行われる施術自体も変わってきますよね。



看護師も、看護師としての資格を有効的に使えるのか、

エステシャンとして働くことになるのか という違いも出てきます。



メディカルエステサロンはいわゆるクリニックに比べても、

顧客への勧誘活動や営業行為、

それに販売行為などをより積極的に行うことが求められることが多くなります。

それぞれに売上ノルマなどが設定されることもあるようですよ。



これはエステサロンでも同じことがいえますよね。

そのため、いわゆる「サロン」と呼ばれているとことでは、

採用基準に家業活動などに抵抗感がないのかということもあります。



それだけではなく、年齢や容姿といったものも、

実は重要視されることもあります。



美意識が高い人でなければなかなか勤務が難しいですよね。

美意識が高いという人は、

それなりに自分を美しくして言う事にも興味がありますよね。

美容系クリニックとエステでは違いがあるの?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

1tigau.jpg美容系クリニックで働いた経験がある。

という看護師の中には、

エステサロンへの転職を考えている、 という方も多くいます。



美容を取り扱うという意味では

同じような美容系クリニックとエステサロンですが、

医師が常にいる現場ではない。



という意味では大きく異なる職場です。





医療行為は行うことができませんよね。

でも、看護師としての資格があることで、

お肌のトラブルなどへの対応、ということが可能。



ということもあり、エステ業界では看護師を採用するということが、

実は多くなってきています。





看護師としての資格を有効的に使いたい。

という時には、

エステサロンでは十分に使うことが出来るとは言えません。



美容系クリニックの方がお勧めになります。





ただ、医師との関わり合いが面倒、医療行為ではなく、

お客様にキレイになってもらいたい、と思っている。



という看護師の場合には、

このエステサロンに転職をしたい。

と考えている人が多いようです。





ただ、働くことを考えると、

実はクリニックよりもエステサロンの方がハードになることが多くなります。



エステサロンの方がより遅くまでお店を開けているというところは多くあります。

帰宅時間は遅くなりやすいですよね。





でも、美を追求したい。

と思っている方の場合には、やりがいはありそうですよ。

美容看護師の高給料のカラクリ暴露

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

日勤なのに給料が良い?

cjudigle.jpg
美容クリニックに勤務する看護師は、
日勤のみであるにも関わらず、
他の診療科に比べて給料が高い傾向にあります。


疾患の治療をするのではなく、
美しさを求める患者への治療を行うため、
勤務するスタッフも美意識が高くなり、
キレイになることができるというメリットがあります。


美容クリニック勤務は、
看護師にとって多くの魅力がありますが、

何より夜勤がなく、給与が高いという
魅力があるところから人気の求人となっている
ようです。



給与がたくさんもらえる理由

何故給料が高いのかというと、
このような美しさのための治療を行う医療機関では、

治療の多くが健康保険は適用外で自由診療であるため、
業績給というものが付きます。



多くのクリニックでは、
売上を伸ばすためにスタッフが勧誘や
営業活動を行うことで
その結果が給与に反映されるのです。

月給が少なくても、報奨金がつくことで、
結果的に収入が多くなります。


また、ゴールデンウィークやお盆などの連休時期は、
美しくなりたいと治療や施術を受ける
患者が増えるので繁忙期に入ります。

残業をすることも多くなるので
残業代が付きます。


一般病院では、営業活動がなく、
どれだけ頑張って勤務しても
月給に反映することはありませんから、
非常に魅力的です。



給料の内訳は?

ujebgkae.jpg
看護師として美容科で働くときに気になることは
給料・給与のことです。

高い収入が期待できる職場ですが、
実際のところはクリニックによっても
大きく違ってきます。


後悔しない職場選びのためには、
内訳について知っておくほうが賢い選択ができます。


高い収入を得られる職場を見つけられるように、
ポイントを押さえておきましょう。


月々決まっている給与以外にも
収入に影響してくるものもありますので、
そちらについても確認することが大切
です。



褒賞金が出ることもあるの?

自由診療である美容クリニックなどの場合、
売上目標を達成すると褒賞金が出るなどの
システムをとっているところもあります。


褒賞金のあり・なしも
収入に大きく影響してきます。


また、褒賞金の額についても
クリニックによって違いがありますので、
事前に詳しく聞いておくと安心
です。

月々の給料が良いクリニックの場合、
ボーナスが少ないケースもあります。


ボーナスが少ないと年収と関係してきますので、
こちらについても事前に確認しておきましょう。

福利厚生も手取りに影響してきますので
キチンと確認しておくとよいです。


住宅手当や交通費などが出るのと出ないのでは、
実際の手取り額が違ってくるからです。

昼食が出るなど食事が付いているような場合には、
お弁当などを作る手間もかかりませんし、
食費も浮かせることができます。